中古車購入情報

賢く中古車を買って、楽しい中古車ライフを!

*

ローンの残債(残額)がある車を乗り換える方法

   

中古車に限らず!自動車を購入する時には、ローン(分割払い)が欠かせません。

現金で気前よく買える方は別ですが…。

ただ、ローンで車を購入した場合、状況によっては少し面倒になることも!

例えば、転職などで収入が減ってしまったり、最悪の場合は会社が倒産したり…。

そうなると支払い(返済)が、できなくなる事もあります。

そのように色々なケースがあると思いますが、ここでは!

ローンの残債(残額)がある車を、乗り換えたい時について考えてみようと思います。

スポンサーリンク


ローンの残債がある車

基本的には、所有権が留保された状態にあります。

車検証を見て頂ければ分かると思いますが、名義は○○ファイナンスであったり、○○クレジットであったり、自動車販売店になっていたりします。

その場合は、車を売りたくても自由には売れない状態です!

もし、自分名義になっていれば売れる状態ということになります。

銀行からの借り入れだったり、購入時の条件交渉で、ローンでも所有権を自分にしておく等といったケースです。

では、車を勝手に売れない状態でも、車を乗り換えたい時は、どうするか?

ローンの残債(残額)がある車を乗り換える方法としては、2通りが考えられます。

ローンを清算して!

一つ目の方法は、残っているローンを清算してから、次の車を購入する方法です。

ズバット車買取比較などの査定サイトを利用して、愛車の価格をチェック!

仮に、ローンの残債が50万円だったとします。

査定価格が、50万円なら車売却でローンはチャラに。

査定価格が、40万円なら車を売却したとしても10万円足りません。

その場合は、追金として10万円を支払う事で、ローンを清算します。

査定価格が、65万円なら車売却で、15万円が手元に残ります。

どのケースになるかは、状況次第ですが、とりあえず確認してみると良いでしょう!

次の車の購入代金に!

二つ目の方法は、乗り換える車の代金に充当する方法です。

下取り価格によって、購入費用が増えたり、減ったりします。

仮に、ローンの残債が60万円だとします。

下取価格が、60万円ならプラスマイナス0円で、新しく購入する車の予算には影響なしです。

下取価格が、35万円なら25万円が購入代金に上乗せされます。

下取価格が、65万円なら5万円を購入代金に充てることが出来ます。

下取り価格が、ローン残高に対して、±0万円か、プラスになれば何の問題もなしです!

ただ、マイナスの場合は、その分だけ新たに買う車の支払が増えることになります。

買い替える車もローンを組んでという事であれば、残ったローンを新たなローンに組み込むことで、手続き的にはスムーズに進みます。

ただ問題やデメリットもありです!

まずローンを組む金額が増えるので、審査に通りにくくなる可能性があります。

あくまで可能性なので、年収や住宅ローンの残などの状況次第という側面も。

それと下取になると、買取のような競争が起きないので、販売店側の言い値となります。

買取価格と比較した場合は、下取り価格の方が安くなる可能性が高いです。

どちらを選ぶかは、考え方次第なので、どちらが良いとも悪いとも言えません!

 -  中古車売却
 -    


  関連記事

車一括査定の比較表
愛車の売却価格を調べる!

中古車を購入するにあたり、予算の問題もあるので、とりあえず今乗っている愛車の売却 …