中古車購入情報

賢く中古車を買って、楽しい中古車ライフを!

*

自動車を購入する時のローン(分割払い) 借り入れ概要

   

新車購入にしても中古車の購入にしても、必要な費用を全て現金で支払えればベストです!

貯蓄も多く、年収も高く、現金一括での支払いが余裕な方から、コツコツ欲しい車を買うための費用を貯めてからという方などケースは色々だと思います。

また、自動車に対する考え方などによっても変わってくると思います。

ローンは嫌なので、現金で買える範囲で車種を選ぶという方もいれば、ローンを組んででも欲しい車種やグレードを買うという方まで…。

いずれにしても、残念ながら現金でポンっと支払える方の方が少ないのが現実です。

そこで自動車ローンを組んで、毎月コツコツと返済することになります!

スポンサーリンク


自動車 ローン

一口に自動車ローンと言っても様々なサービスがあります。

どれを使えば良いのかは、それぞれの置かれている状況によっても変わって来ます。

そこで、ひとまずどのような借入先があるのか?

どのようなタイプのローンがあるのか?

ざっくりと考えてみます。

新車 購入

銀行系などのローンの他

販売店が準備する通常のローンに加えて、残価設定や据置型のローン(クレジット)も選ぶことが出来ます。

中古車 購入

銀行系などのローン(分割払い)の他

販売店と提携している信販会社などにて、通常のローン(分割払い)が基本になります。

中古車販売店によっては、残価設定や据置型のローン(クレジット)という選択肢がある場合もあります。

信販系と銀行系、どちらを選べばよいかはケースバイケースですが、両者を比較した場合、信販系の金利は高く、銀行系の金利が低い傾向にあります。

その反面、信販系の方が審査が緩く、銀行系は審査が厳しいです。

これは自動車の購入に限ったことでは無いですが、金利が高い方が借り入れ易く、金利が低い方が借り入れが難しい傾向となります。

フリーローン

自動車を購入する際に、使途が自由なフリーローンを活用する方法もあります。

ただし、使途が限定されているタイプの商品と比べると、金利が高い傾向にあります。

借り入れ限度額が高くなれば、自動車ローンよりも得なケースも無くはないですが…。

超低金利時代

ローンを組む場合に、どのくらいの金利まで許容できるかは、それぞれです。

あくまで個人的な感覚では、最大でも年利3%が上限です。

これよりも高い金利でなければローンを組めないのであれば、欲しい車を一時的にでも諦めるのが得策だと思っています。

中古車販売店が取り揃えているローンだと、これよりも高いケースが多いと思いますが…。

もちろん!貯蓄や他の返済、収入などによっても考え方は変わるでしょう。

ただ、高い金利でなければ借り入れできない状況というのは、年収が低かったり、住宅ローン等の返済があったりして、新たなローンを組むのが危険な場合も考えられます。

現金が無くても欲しい自動車を買うことができて、非常にありがたいのですが、分割払いでの返済には落とし穴もあるので、注意が必要です!

ローンで自動車を購入する際は、賢く立ち回って、後々後悔しないようにしたいです。

 -  自動車ローン
 -    


  関連記事

関連記事はありませんでした